Sponsored Link


ロレックス 偽物の見分け方

ロレックスなどの人気ブランド品につきものなのが偽物ですね。
高価なブランド品を購入する際にはとくに気をつけて購入する必要があります。

ロレックスの偽物は昔から横行していて、さまざまなタイプのものがありました。
わかりやすかったのが、

  • 文字盤のロゴ部分の王冠の形状がちがうもの。

    これは偽物が全盛期のころによく出回っていた安価なものです。
    (現在はほとんど見かけなくなりました)

  • サブマリーナなどのダイバーズタイプのベゼルの4の形。

    サブマリーナやヨットマスターなどのダイバーズタイプのベゼル部分の4。本物は上部の部分がカットされたような形の4なのに対し偽物は先が尖った4になっています。
    (※タイプによります)

  • 秒針の動き

    本物の秒針の動きはすごく小刻みな動きなのに対し偽物は1秒単位で動いていたりします。
    (※タイプによります)

上記の見た目でわかりるものの他、実際に手に取れるのであれば
さらに偽物とわかるポイントが増えます。
 

  • 日付の切り替わり方。

    本物は日付が変わる瞬間に『パチン』という音とともに一瞬で表示日付が変わるのに対し、偽物はゆっくり日付の文字が切り替わっていきます。音もしません。

  • ムーブメントの音

    自動巻きであるロレックスの時計は、時計内部にムーブメントというものがあり、このムーブメントが回ることで時計の原動力となる仕掛けです。
    本物ですと、本体を片方の手でしっかり持ってもう片方の手の手の根元あたりにぶつけてみると『リュイーン』という特徴的な音と振動がします。
    この音は本物を持っている人にしか本物と偽物の聞き分けができないかもしれませんが、低い音程の音がします。
    偽物は『シャー』という“軽い”音で、振動もあまりしません。

偽物の特徴をあげてみましたが、現在はスーパーコピーといって、ロレックスの細部の部品までもコピーして製造するほど偽物のクオリティも上がってしまいました。現状、完全に本物と偽物を識別するには鑑定に出すしかないというほど精巧ですので、まちがいなく本物のロレックスを購入したいのであれば正規品店で購入することを強くおすすめします。

また、ロレックスに限らず人気ブランドには偽物がつきまとうものなので注意が必要です。
アバクロ 偽物

Sponsored Link