Sponsored Link


鼻うがい やり方

鼻うがいは、蓄膿症や花粉症の辛い鼻のかゆみや風邪の予防に効果的です。

鼻うがいのやり方

ここで、鼻うがいのやり方自体知らない方のために鼻うがいのやり方を紹介します。

  1. 洗面器にぬるま湯(25~30度くらい)を入れて塩を溶かす。
    (塩の料は1リットルのぬるま湯に対し9g 大さじ半分)
  2. 片方の鼻の穴を指で押さえて開いた鼻の穴のほうから塩が溶けているお湯を吸い上げます。
    吸い上げたら、吸ったぬるま湯を鼻から出します。
  3. 2を2~3回繰り返します。

たったこれだけです。かんたんですね。
しかし、こんなにかんたんな鼻うがいですが、風邪の予防・消毒にとても効果的です。

痛くない鼻うがいのやり方

普通の鼻うがいだと痛くてできないという方もいるようです。(私もそうでした)
そこで、私が痛み感じなかった鼻うがいのやり方がありましたので紹介したいと思います。

痛みを感じない方法は、そんなにたいそうなことではないのですが・・

ケチャップやマヨネーズの容器(先が細い現在の形状のもの)を使うだけです。

通常?の鼻うがいで痛みを感じるのは、ぬるま湯を吸い上げたときに鼻の奥の部分に痛みを感じるのですが、これは吸うから痛いんです。ケチャップやマヨネーズの容器の先部分を鼻の穴部分にあてて(隙間があかないように)容器の腹を押して“注入”してみてください。
慣れないうちはむせるかもしれませんが、私はすぐに慣れましたし、痛みも通常の鼻うがいよりぜんぜん感じませんでした。

(※注意 口にたまったぬるま湯は飲み込むと菌が体内に入ってしまうので飲み込まないように注意してください)

アクエリアスを使って鼻うがいをやると痛くないという情報もありますが、糖はバイ菌の繁殖の助けになってしまいますので消毒という観点からは意味が無くなってしまいます。

Sponsored Link