Sponsored Link


放射能除染方法

原発事故があってからというもの、放射能の除染方法が注目されていますね。
被曝のリスクを考えると当然で、子供を持つご家庭ではなおさら神経質になっていることと思います。

これからの寿命・積算量を考えると、自分よりもまず子供を守ろうとする思いはどの親もいっしょで、
学校への問い合わせ、引越しが相次いでいるようですね。

さて、そんな得体のしれない放射能ですが、効果的な除染方法を紹介してみようと思います。
私のの住む福島市の公共施設などでやっている除染方法です。

ケース 除染方法
アスファルトやコンクリート 高圧洗浄機で表面を除染
土・砂・芝生 表面を5センチほど掘り起こし、埋める

 

建物の中にいても外の半分程度しか被曝量を軽減できないことからもわかるように、
被曝のリスクは完全に防ぐことはできません。
日に日に原発からの放射線量は低下していますが、今までに降り注いだ放射能は溜まったままです。

住んでいる家やよく通る通路などは除染し、放射能をカットする浄水器やマスクを使用して今できる最大の防御をしましょう。
私のおすすめは除染できるスプレーです。
このスプレーは放射性物質を90%以上除去できるという優れもので、ガイガーカウンターで計測すると確かに数値が下がりました。今では身の回りのものさまざまなものにスプレーしています。

※参考  現在の汚染マップです
最新の放射能汚染マップ

私の住む福島市でも、子を持つ知り合いの家族は3分の1くらい引越ししました。
いろいろな思いはありますが、子供の安全を考えたら引っ越しも納得できる考えだと私は思います。

しかし、放射能汚染レベルが高い地域でも、この土地に住む理由があったり、引っ越したくても事情があって引っ越せない人がいるのも事実です。
住むからには、何年かかるかわかりませんがコツコツと、みんなが安心して生活できる街にするために除染していく必要がありますね。

Sponsored Link