Sponsored Link


古物商 申請方法

中古品を扱う商売をする場合に必要な古物商の申請方法、
必要なもの、申請書類の書き方を書いておきたいと思います。

古物商 必要書類・その他 (個人)

  • 申請手数料19000円
  • 住民票(本籍地が記載)
  • 略歴書(直近5年)
  • 市町村長の証明書
  • 登記されていない事の証明書
  • 賃貸契約書のコピー(賃貸の場合)
  • 使用承諾書(賃貸の場合)
  • 営業所付近の略地

 

古物商 申請手数料

最寄りの警察署の生活安全課で申請することになりますが、
窓口で現金で払うのではなく、署内で販売されている印紙を19000円分購入し支払います。

住民票

これは特に説明は必要ありませんね。

 略歴書

略歴書とは簡単に言えば職務経歴書みたいな書類です。
どこで働いて何年、何の仕事をしてたか。自分で自営し始めたらいつから始めて内容は何か?等…
そこまで難しく考えずにざっくりと書いてみましょう。

市町村長の証明書

自分の本籍にあたる地域でないと取得できない証明書です。
古物商は破産歴があると取得できないことから、「過去に破産していないかどうか」の証明書 ということです。
この書類に関しては地域により郵送で対応してくれるとこもあるようです。

登記されていない事の証明書

新たに古物商を取得する住所が会社として登記されてない証明です。
これは各都道府県の法務局にて取得出来るので直接出向いて行きましょう。
郵送でも対応しているようですが、郵送にすると少し時間がかかります。

賃貸契約書のコピー(賃貸の場合)

これは賃貸に限っての事ですがマンション、アパートを借りる時に
絶対交わしているはずですので、その書類をコピーしておきましょう。

使用承諾書(賃貸の場合)

賃貸の場合ですが、マンション、アパートの管理人、管理会社等に事情を説明し書いてもらいましょう。
断られる事があるのかどうかは分かりませんが私の場合はすんなりと書いてもらいました。
それと使用承諾書はこちらで用意しましょう。
警視庁のサイトでサンプルの使用承諾書があるのでそれを参考にしワードやメモで作成して印刷すると良いです。
古物商許可申請:警視庁

営業所付近の略地

古物商を取得する住所の付近の略地図です。
グーグルマップを印刷でも全く問題ありません。
以上の書類と古物商を申請する為の書類を書いて完了です。
申請書類は警視庁ホームページに印刷用PDFがあります。
こちらにリンクを貼っておきます。
古物商許可申請書(PDFが直接開きます)
最寄りの警察署へ行っても同じ物がもらえます。

 

古物商の申請はややこしいように感じますが、やってみると意外と簡単でしたよ。
ただ注意しなくてはならないのは、免許がもらえるまで一ヶ月前後かかるということです。
免許が無いと商売が始められないようであれば余裕を持って一ヶ月以上前に申請しておく必要がありますね。

Sponsored Link