Sponsored Link


妊婦 食事

 妊婦の食事は注意しないと産まれる赤ちゃんにも影響が出てしまうので注意が必要です。
思い込みやまちがった解釈も多い妊娠期間の食事ですが、正しい情報を学んで元気な赤ちゃんを産みましょう。

カフェインは絶対に禁止?

コーヒーや紅茶などカフェインが含まれているものは妊娠期間中に摂ってはいけないと思われることが多いようですがそんなことはありません。
ただ程度が過ぎると体に害があります。1日2杯くらいであればお腹の赤ちゃんに影響はありません。

 

辛いものはNG?

辛いものは刺激が強そうなので妊娠中には食べないほうが良いと思い込みそうですが、これもそんなことはありません。塩分を控える必要がある妊娠期間中は、塩のかわりに唐辛子を使用することで、逆に体に良い効果が得られます。唐辛子は発汗作用もありますし、食欲増進にもつながります。

 

手軽に作れるカップラーメン 毎日食べたい

これは何方でもわかると思いますが、NGです。
添加物・着色料・化学調味料でできているカップラーメンなどは妊娠期間中はおすすめできません。

 

体重増加を抑えたいのでダイエット食で体重管理したい

体重増加は出産に負担がかかるので抑えたいところですが、低カロリーな食事では体力が落ちます。出産時にはかなりの体力が必要なので、体重増加を抑えたいがために低カロリーな食事をしようと思ったのであれば本末転倒になってしまうということですね。

 

牛乳や卵を食べ過ぎると赤ちゃんがアトピーになるってほんと?

これも誤解されることが多いですが、あなたか旦那さん(すでにお子さんがいる場合はそのお子さんも)にアトピーがある場合は牛乳・卵の食べ過ぎがアトピーの赤ちゃんを生む可能性につながる ということです。
卵や乳製品は妊娠中期を過ぎたら特に控えめにしましょう。(※控えめとは卵は週に1個、牛乳は1日200CCまで)

 

妊娠中は偏ったものばっかり食べたくなったり、禁止される行動・食事があったりでストレスが溜まりやすいですが、妊婦であるあなたの口から入ったものが赤ちゃんの内臓となり脳となるのです。そう考えれば食事に禁止なものがあっても辛いことと思わないですし我慢できると思います。

元気な子供のためにがんばりましょう!

Sponsored Link