Sponsored Link


告白の仕方

「好きな人とつきあいたいんだけど告白する勇気がない・・」
「今の関係がギクシャクするのが怖い」と、なんとか成功する告白の仕方をみなさん知りたいようですが、
告白して関係がギクシャクするのが怖いのであれば、“プチ告白”をおすすめしますよ。

プチ告白のやり方は、面と向かって「好きです!」というものではなく、脈があれば自然と相手から近づいてきてくれるやり方です。
このプチ告白の良いところは、相手があなたに好意がない場合、脈がない場合でも傷が浅く済むところです。それぞれがそれぞれのケース(同僚・友達・同級生・他人 etc..)だと思いますが、失敗した場合に「○○さん○○さんに告白したんだけど振られたんだって~(笑)」といった最悪の事態にならずに済みます。

さて、プチ告白のやり方ですが、かんたんです。
相手に「自分のことが好きなのかも」ということをします。
例えば、

  1. メールにハートマークを入れてみる
  2. メールしかしていない間柄であれば電話してみる
  3. プレゼントをする

はい、「これだけ?」という内容ですね。

しかしこれにはコツがあって、度が過ぎるとただの“ウザい人”となってしまう上記の告白法ですが、さり気なく「好きなのかも」と相手に思わせることが大事です。項目別に説明すると、

1は何度もメールするのは×です。メールの最後を疑問文で投げかけ返信が来るのを待ちましょう。返信が来ない場合はまちがっても「なんで返事くれないの?」とかやってしまうと“しつこい人”という印象を与えて台なしになってしまいます。

2はちょっと文章で伝えるのが難しいですが、相手が忙しそうな雰囲気の場合に電話するのは逆効果となります。相手が暇そうな時間をリサーチしておく必要があります。そして、「どうしたの?」と聞かれたら、「たまには電話したくて」といったセリフを言う。こうしたセリフはあなたが相手を“特別視”している存在と印象付けられます。

3は誰でも思いつく方法ですね。しかし、勘違いしている方も多いようですが高価なプレゼントは必要ありません。プレゼントの中にメッセージカードを入れます。メッセージカードには一言だけ、相手が喜ぶキーワードを入れましょう。(※長文は重い印象を与えるのであんまりおすすめしません。だいぶ進展があると感じているのであれば良いと思います)

バレンタインやクリスマスなどの告白の仕方

バレンタインやクリスマスは告白の絶好のチャンスです。「そんなこと誰でも知ってる」と思われそうですが、1,2,3をすでにしている場合は今までやったことが“前フリ”となって効いているので、プチ告白ではなく本告白するチャンスですね。しかし、これはかなり脈があると手応えを感じている場合に限るので、まだ進展を感じられないのであれば本告白は逆効果になってしまいます。

これから好きな人にプチ告白をしたい という人には、バレンタインなどのイベントはプチ告白を始める良いきっかけになると思います。

 

成功する告白法としてプチ告白のやり方を書きましたが、最重要は“さりげなく”です。
脈があれば相手から告白してきてくれるのがこのプチ告白の良いところなので、しつこくするのは逆効果ということを肝に命じましょう。

 

Sponsored Link